アフィリエイトでライティングスキルを向上させるポイントは?


こんにちは、あきよしです。

今回はアフィリエイトにおけるライティングスキルを
向上させるポイントについてお伝えしていきます。

 

ライティングスキルの本来の意味

 

ライティングスキルというと
いかに読んでいる人の気持ちを動かして
購入につなげさせるかということを
考えている方がいらっしゃいます。

 

ある意味それは正解かもしれません。

 

過去のコピーライティングなど見てきて
いかにあおって購入させるかという
テクニック的な部分ももちろんあるかと思います。

 

うまく感情を操作する表現を使えば
一時的にはものは売れるかもしれません。

 

しかし、そのもの自体にしっかしりた効果などないと
購入した人は後から気づいて
後から問題にされることも増えてきています。

 

あおることよりも正確に伝えること

 

今のネット社会では
薬機法なども含めて、過度な表現をしたり
あおったりすることについては
規制がドンドン厳しくなってきています。

 

そして、ありもしないことをブログやサイトに載せたり
誇張な表現をする所も、今後はドンドンと規制されて
行くと思います。

 

あおったり、感情を操作したりして
無理に購入につなげるよりも
正しい情報や価値のある情報を提供して

 

見ている人に価値を感じてもらった上で
購入につながっていくという
本来あるべき姿に近づいて行くのが正しいと思います。

 

逆にそういった、正しい情報を価値ある形で
見ている人達に提供して行けるサイトでないと
今後は生き残って行けないと思います。

 

小学校低学年の子供が読んでも分かる文章に

 

正確な情報を価値ある形で届けるのが
これからのあるべき姿であるとお伝えしました。

 

それに加えて必要なのが
「誰が読んでも分かりやすい文章」
ということです。

 

難しい文章を作るのだったら誰でもできますが、
小学校の低学年の子供が読んだとしても
分かりやすくてちゃんと理解できる文章をかけることが
他の年齢層の方でも気持ちよく
読んでもらうポイントになります。

 

そのためには、

 

・専門用語をなるべく使わない

・横文字(英語)をなるべく使わない

・漢字を多用しない

 

といったことが必要です。

 

これを意識するだけでも
ずいぶんと読みやすい文章になりますので
ぜひ、意識してやってみてください。

 

売り込みをすればするほどお客様は逃げる

 

アフィリエイトの文章を書く上での
大きなポイントとして、
「売り込みの感じを出さない」
ということがとても重要です。

 

あなたのブログに来てもらった人に
とにかく商品を買ってもらいたいから
色んな言葉を並べたてて売り込もうとする人が
けっこういらっしゃいます。

 

しかし、それって逆効果なのをご存知でしたか?

 

あなた自身も買い物をすることを考えてみてください。

 

どこかのお店に行って、
店員さんが強烈に売り込んでくるお店って
できれば入りたくないですよね。

 

それと一緒の心理で
ブログに来て売り込み感が強い記事だと
人はそこからすぐに離れて行きます。

 

アフィリエイトはあくまで商品を紹介するだけで
売り込みは、誘導した先の広告主のサイトで
しっかりとしてくれます。

 

ですから、あなたが書く記事の中では
正確な情報提供をすることを心がけて
売り込みはしないことをお勧めします。

 

売れている人の文章を見て何度も書く

 

これは基本中の基本の内容ですが
結果を出している人の記事を色々読んで
表現方法について知識を増やすことです。

 

売れている人の表現をたくさん見ることで
あなた自身の記事の表現にも活かせますし
それらが蓄積することで
良い文章が書けるようになってきます。

 

また、とにかく書く習慣をつけることが
とても大事になってきます。

 

いくら良い表現を学んでも
自分がこまめに記事を書くことをしなければ
良い表現も身についてきません。

 

とにかくどんどんと記事を書いていくことを
意識して続けて行くと自然と良い文章が
書けるようになってきます。

 

最後までお読み頂き、
ありがとうございました。m(__)m

 

あなたのひと押しが励みになります。^^
ご支援、よろしくお願いいたします。

人気ブログランキング

 

メールマガジン登録

月数万円の稼ぎでも、月数十万円で独立するための稼ぎでも、アフィリエイトで稼ぎたい!という方のために有益な情報を継続的にお送りしていきます。 アフィリエイトで少しでも稼ぎたいと思われる方はご登録しておいて頂けたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です